【仮想PC VmWare 構築ガイド】インストール編



【VmWareを取得しよう】


まず最初に VmWare のHPから無償版の VmWare Player 7.1 をダウンロードしましょう。
 VmwareのHPはココです
vm01.jpg
今回はWindows版で説明します。  Windows10テクニカル・プレビュー版にインストールして、PlayOnlineの起動  まで出来る様に構築してみます。
vm02.jpg
Windows版のダウンロード釦をクリックするとファイルを保存するか聞いて来ます。  サンプルはFireFoxです。
vm03.jpg


【VmWareをインストールしよう】



ダウンロードで保存したファイルを実行します。
vm04.jpg
ユーザアカウント制御(UAC)から確認ダイアログがPOPします。(管理者権限モードでインストールされる為)  「はい」を選択して下さい。
vm05.jpg
VmWareのインストールの開始です。
vm06.jpg
使用許諾の確認です。  「同意します」を選択して下さい。
vm07.jpg
インストール先のフォルダを指定します。  デフォルトのままで構いません。(ここはVmWareプログラムが入る場所の設定です)
vm08.jpg
自動更新の設定です。  デフォルトのままで構いません。(起動時に最新版が存在すればインストールを実行します)
vm09.jpg
改善プログラムの設定です。  チェックを外して構いません。(エラー情報等を自動送信するかどうかの設定です)
vm10.jpg
ショートカットアイコンの設定です。  デフォルトのままで構いません。
vm11.jpg
インストールの為の設定は終了です。  「続行」をクリックします。
vm12.jpg
インストール実行中の状況です。
vm13.jpg
インストール中にPCをVmWare間のネットワークドライバが入るので アンチウィルスのファイヤーウォール等が動作する事があります。  サンプルは Canon ESET の場合。  解らなければ、「パブリック・ネットワーク」の選択で良いと思います。  「自宅/職場(Local-LAN)」とは、クローズド・ネットワーク(外部ネット  サーフィン出来ない接続)を示します。
vm14.jpg
インストール完了です。お疲れ様でした。
vm15.jpg



記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。