【テキストの編集作業】 2012-01-08


 ごめんなさい。画像が用意できなかった…ww。
 ツール等は専用のフォルダを作り、サブフォルダできちんと整頓しておきましょう。。
   (ここでは「どっかのドライブ:¥Tools¥***¥としています)

【テキストの編集作業】



【ダウンロード】

 http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/writing/se476839.html からDLします。

 作者のHP:http://www.haijin-boys.com/



【起動準備】

 まずDLしたファイルをどっかのドライブ:¥Tools¥に解凍します。

 どっかのドライブ:¥Tools¥Mery¥フォルダ内に「Mery.exe」があるかチェックします。
  もし、どっかのドライブ:¥Tools¥Mery_1.1.2.2840¥Meryとかになって
  いたら、ASRで”Mery”フォルダ選択して”m”キーで移動画面を呼び出し、
  出力先ファイルの欄の横の「…」ボタンをクリックして”どっかのドライブ:¥Tools¥”に移動
  させて下さい。移動できたら「Mery_1.1.2.2840」フォルダはDELキーで削除。


 どっかのドライブ:¥Tools¥Mery¥Mery.exe を右クリックしてスタートメニューに登録します。

 これでいつでもメニューから起動出来る準備が出来ました。


 次にASRと連携しやすい様に細工を行います。


 ①Mery.exe を右クリックして「ショートカットの作成」を行います。

 ②ASRの[項目の種類]の欄に「ショートカット」となったMery.exeファイルが作られます。

 ③②のショートカットのファイルを選択して、右クリックし、「名前を変更」とします。”.exe”の
  4文字部分だけ消します。

 ④この状態で置いておき、別にもう1つASRを起動します。(ASRが2画面の状態にする)

 ⑤2個目のASRは、「C:\Users\(名前)\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo」に移動します。

 ⑥ ④のASR窓のショートカットファイルだけを、⑤で開いた2個目のASR窓にマウスでドロップします。

 ⑦ ⑤で開いたASR窓を閉じます。(右上端の赤いXボタン)



【ASRのデフォルトエディタとして使う】

 ASRでどっかのドライブ:¥Tools¥ASRに移動します。
 更に、~¥InitTemp¥Scriptに移動します。
 Editor.txt を選択し、右クリック→送る→Mery をクリックします。


 末尾にある

  //●それ以外のファイルはメモ帳で開く設定にします
  Filter=
  ExRun=どっかのドライブ:\Tools\Mery\Mery.exe

 と書き換えます。


 更に、どっかのドライブ:¥Tools¥ASR¥InitTemp¥Ubar¥(ログイン名)¥Script
 に移動します。

 Editor.txt を選択し、右クリック→送る→Mery をクリックします。

 末尾にある

  //●それ以外のファイルはメモ帳で開く設定にします
  Filter=
  ExRun=どっかのドライブ:\Tools\Mery\Mery.exe

 と書き換えます。