【Kick by EVOLV】 2012-05-05 LastUpdate


 画像をクリックすれば、拡大表示します。

【ニコニコ生放送 電子タバコを愛でるコミュニティ】


 生セルバッテリーを純粋に使うMODを可変電圧(電力指定で制御)化する
 「Kick by EVOLV」。しかしながら何処も売り切れ状態でなかなか入手
 出来ずにいます……orz 

 そんな所に「しゃべり場電子​タバコ」の放送中に行われたレンタル抽選会?
 で、Eco-Izm(エコイズム)さんから2週間レンタルする事が出来ました。

 色々お試しした際の簡単なレポートです。


【Kick by EVOLV】

 電子部品らしく、丈夫そうなプラケースに収まっています。
kick01.gif
 スポンジクッションで保護されてます。  本体を覆う透明ビニールは短絡防止用なのでめくってはいけません。
kick02.gif kick03.gif
 サイドにバネ式のアース(マイナス)端子があります。  銅製なのでネジ山などで削れ易い為、脱着等の扱いには注意が必要です。
kick04.gif
 青いボリュームが電力設定部分になります。
kick05.gif

【試使用レポート】

 届いた時には、電力設定が①あたりで約9Wでした。
 この設定だと供給が追いつかず、リキッドが焦げやすいので下げました。
 色々なアトマイザを試しながら落ち着いた設定が②の7.5W強あたりです。
kick06.gif
 7.7~7.8Wぐらいでしょうか、この設定は味わい優先で設定したものです。  8Wでも美味しいのですが、アトマ(カトマ)によっては味が飛び始めたり焦げ始め  たりするものがあるので、平均的なベストポジションを捜すのは結構時間がかかります。  試したアトマイザ・カトマイザ   eGo-T、eGo-C、Stardust、510-T、920-T、ドリッピー(920版:1.5Ω 2.0Ω)、   DCT、VPX-TANK-MINI-SLANT VPX Special Edition など   DCTは小さな穴が1個だけなので8Wまで上げると焦げて来ます。   VPX付属のカトマの様に大きな穴が対面に2カ所あいていれば8.5Wでも   問題無く使えそうな気がします。   VPXだとファンタジー100%使った調合リキでも吸えちゃうんですよねw   それもあって可変電力設定を色々変えてみて試す際には、VPX大活躍でした。   eGo-BOOSTERも持っているので、Kickと吸い比べしてみました。   似たような味わいにはなりますが、大きな違いがあります。   長く吸っていると、boosterは味が変わって来るのです。   熱やこびり付いて行くリキ等刻々と条件は変化するので、まぁ当然なのですが…   条件変化に伴って出力電圧を自動調整して目的の電力にしてくれるkickは、一度設定   が決まれば最後まで美味しく楽しめるって感じです。   BOOSTERもアナログダイヤルで電圧調整出来るので、吸いながら随時調整する事で   美味しく吸えます。   ProVariやLavatube等0.1V単位で調整出来るものを除いて、数段階しか無い電圧調整   バッテリでは出来ない事なのでこれはこれでありでしょう。